今日は為替取引に関する根本的事柄についてのお話をしたいと思います。為替の市場とは何かというと「お金の送金をなすことなく金銭の受け渡しの望みを達成するやり取り」です。普段為替取引といえばあらかた国際の為替のことを示すという事が一般的です。外国の為替というのは国同士の金銭の取引のことです。海外へ旅行(シンガポール、)をした経験があれば、間違いなく外国為替のやり取りの経験があるはずです。どこかの銀行に行って他の国の通貨へ両替したのであれば、それがまさに外為という事になります。為替のレートは買おうと思っている人と売ろうと思っている人の値段を指すものです。銀行と銀行のやり取りによって決定されるものです。その銀行はマーケットメイカーと言われる世界中で指定されたいくつかの銀行であります。為替の相場はたくさんの働きかけを受けても休まずいつでも変わって行きます。為替相場を変動させて行く要因というのは、ファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズが示すのは経済の動き、経済の基盤やいろいろな条件のことを言います。その国の経済成長や経済指数、物価の水準、通貨政策、失業者数、有力者の発言等々のものによって為替相場は変化して行くのです。とりわけ貿易収支や失業者数は肝心なところなのです。経常収支とは何か、日本の中では財務省の委任で日本銀行が輸出入統計を基にして書いた異国とのある期の経済上のやり取りを記録したものです。この統計は中央省庁や日本銀行のHP等で見られます。労働者の統計、無臭業者数も重大となるケースが多い原因だと言われます。とりわけアメリカの雇用統計は影響します。月に一回公示され調査の対象が広範囲なのが大事なところです。為替相場の推移はその国の経済の変動を指しているので。国の経済の状況を検証することによって為替の変動予想ができるようになると言えるのです。

Copyright © 2002 www.tesigobuscando.pw All Rights Reserved.